自分自身がもらって嬉しかった貰いものは、相方からもらった活字の教科書だ。

人間のメンタルに対する教科書でした。自分は、今まで活字の教科書をがっつりって読んだストックが速く、「活字の教科書を読んだ経験が少ないから。」って相方に伝えた界隈、活字の教科書を貰いものしてくれました。今でもその教科書はマンションにあり、自分自身のリーディングの範囲もひろがりました。教科書の貰いものって、ひどく平凡だと感じる方もいらっしゃいますが、自分はシンプルな貰いものこそがトップ確かすると感じます。その時貰った教科書を読み始めたおかげで自分はマンガ雑誌だけではなく活字の教科書を読んで知力を広めてみようといった絶えず思うようになり、自分自身の考え方や持ち味も変わってきました。なので、貰いものは「考え方を広げて得る頼もしい小物」だと自分は思います。十人十色「何がほしいか?」を考えるのは違ってきますが、軒並み友人異なる考え方を与えてくれるのが貰いもののポイントだと自分は思います。なので、それぞれに何かあげたり人から何かもらったりするときは「あたい(相手)の考え方を広げる時期」です。そんな持ち味を、自分自身が今までにもらった貰いものから見える事だと思います。活字の教科書を貰いものしてくれたストックが自分自身のモラルや考え方を広めてくれるいいチャンスだって自分は感じます。自分自身が色んな持ち味を考え出す事を教えてくれたのが「活字の教科書の貰いもの」だったと思います。自分の知力を広めてくれた相方にサンキュー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です