僕は声優になりたくて

僕は声優になりたくて、カレッジを終わり現在フリーターをしています。
フリーターを何とか、代金を貯めながら、翌年、声優の専属ゼミナールへ行くためのゼミナール観戦に行ったりしています。
その中で、本人を見つめなおそうって、ワタナベ面白み主催のオーディションに行きました。
ワタナベ面白み主催のオーディションを受けるのはようやくではありませんでした。
応募した以下、ワタナベ面白みからお電話がありましたが、地下鉄に乗っていたので携帯に出られないコンディションでした。
なので、地下鉄から降りてから折り返し電話をしました。
電話を出られた側は前回のオーディションで出会ったワタナベ面白みの側でした。
僕は覚えていましたが前回のオーディションから2時世は経っていたし、ワタナベ面白みの側はみんなに会っていると憧れ覚えてないと思っていました。
電話ををかけられた真意を見つける結果お名前をフルネームで伺えますか?
という聞かれ、ニックネームを答えたら
あのときの?
と聞かれ、驚きました。
返信が果てしなく大人になったね。あれから何故た?など褒めてもらえるおメッセージを様々頂きました。
正直、2時世も前の事を覚えていてくださって至って素晴らしいなと思いました。
僕だったら、星の人数前後顧客という接して要る中でそこまで覚えていられないと思いました。
芸能社なだけあって素晴らしいとさえ思いました。
こういう事態が目下あった中で特にムードに残る事態だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です